1人でも多くの方の笑顔に出逢えますように…

タグ: 身体の使い方 Page 1 of 7

肩って奥深いんです!〜その3〜

こんにちは(^^)/
『ピラティスを通じてたくさんの人を笑顔に!』がモットーのピラティストレーナーの広瀬 絵美子です。

さて今回は『肩』シリーズの第3段♪

前回は
『腕』とはどこからどこまで??
なんてことを語らせていただきましたが…

今回は
肩を下げるってどういうこと??
なんてテーマを深堀りしていきたいと思います♪

♪ B-liebe名言集 ♪ ~その6~

こんにちは(^^)/
『ピラティスを通じてたくさんの人を笑顔に!』がモットーのピラティストレーナーの広瀬 絵美子です。

スタジオのTwitterも引き続き更新中ですが、その中から『B-liebe名言集』と題しまして、レッスン中に会員の皆さまからいただいた、素敵なお言葉をご紹介していく第6弾です♪

改めて…ピラティスって?

こんにちは(^^)/
『ピラティスを通じてたくさんの人を笑顔に!』がモットーのピラティストレーナーの広瀬 絵美子です。

レッスンにお越しいただいた際などに会員さんから耳にするのが
『ピラティスをやっているって言うと「どう??何やるの?」って聞かれるんたけど…すごく良いことは伝えてるんだけど、何をやっているのかについて上手く答えられなくて。』
なんてお言葉。

さらに、レッスン終わりによくいただくお言葉が…
『(ピラティスを)やっている間は何が起きているのかよくわからないこともあるんだけど、なぜか終わるとすごく軽くなるのよね〜』
なんてお言葉。

これは、インストラクターがやってみてもらいたいお身体の使い方通りに上手に動けていただけているということなのですが(^^)

問題は
『何が起きているか』
ということ♪

肩って奥深いんです!〜その1〜

こんにちは(^^)/
『ピラティスを通じてたくさんの人を笑顔に!』がモットーのピラティストレーナーの広瀬 絵美子です。

さてさて。
今回より始まります新たな『奥深いシリーズ』。
テーマは…
『肩』です♪

人の身体の中で、最も大きく動く(可動域が広い)と言われる肩周り。
であるか故に、これまたものすごく奥深いので、ここからしばらくは『肩』について語ってみたいと思います(^^)

♪ B-liebe名言集 ♪ ~その5~

こんにちは(^^)/
『ピラティスを通じてたくさんの人を笑顔に!』がモットーのピラティストレーナーの広瀬 絵美子です。

スタジオのTwitterも引き続き更新中ですが、その中から『B-liebe名言集』と題しまして、レッスン中に会員の皆さまからいただいた、素敵なお言葉をご紹介していく第5弾です♪

本当に『身体が硬い』??

こんにちは(^^)/
『ピラティスを通じてたくさんの人を笑顔に!』がモットーのピラティストレーナーの広瀬 絵美子です。

さて突然ですが…
こちらの写真。それぞれ
『肘を突っ張ってみてください!』
とお伝えして撮影したものなのですが…

この肘の状態(曲がり具合)を見た時に、どちらの方が身体が硬そうに見えますか?

多分、左側タイプの方(Aさんとします)のほうが、肘が少ししか内に入っていないため、硬いように思った方も多いかと思いますが…
(実際どうであるかは後ほど解説をさせていただくとしまして♪)
実は右側タイプの方(Bさんとします)のほうが体験にお越しいただいた際に

『体が硬いんです!』

と宣言される率はかなり高いのです(^o^)

なぜでしょう??

膝 頑張り過ぎていませんか? ~股関節って奥深いんです!番外編〜

こんにちは(^^)/
『1人でも多くの笑顔に出逢いたい…』をモットーに活動をしているピラティストレーナーの広瀬 絵美子です!  

今回は『股関節シリーズ』の番外編といたしまして…
股関節に密接な関係な中で、わりと多くの方が頑張り過ぎている『膝』について語ってみたいと思います(^o^)/

正しい『真っすぐ』とは…?

では早速…
ご自身の思う『膝が真っすぐ』の状況を作ってみましょう♪

さてこの時…
下の2枚の写真のどちらになっていますか?

一見違いがわかりにくいかと思いますが、お尻~ふくらはぎにかけての赤いラインに注目していただくと、膝の角度が少し異なるのが見えてくると思います(^^)

今以上に伸びない
という方は左側
少し伸びしろがあるよ
という方は右側
ということになりますが…

では?
どちらが本当の『真っすぐ』でしょう??

実は
多くの方が真っすぐと感じているのは左側。
でも、理想的な真っすぐは右側。

どういうこと??
と思いますよね(^^;

ということで解説をさせていただきますと♪

左側は、いわゆる関節を『ロック』してしまっている『過伸展』と呼ばる状態。
つまり、筋肉で関節をコントロールしているわけではなく、骨同士がぶつかるところまでもっていった結果固定されている状態です。

この状態だと
大腿四頭筋と呼ばれる『太ももの前側の筋肉』が頑張り過ぎていて
逆に
ハムストリングスと呼ばれる『太ももの後ろ側の筋肉』がお休みしています。

結果…
使われている筋肉のバランスが悪いだけでなく、膝や股関節・足首などを痛めてしまう可能性も(TT)

では。
そうならないために右側の状態を目指したいわけですが…
股関節シリーズの『その7』 に少~しエッセンスを加えていきたいと思います♪

膝を優しく使ってあげたいですね♪

まずはその7と同じように、どこか手で支えらる場所を見つけていただいて、その6 で行ったピラティスVで立ち、軽く膝を緩めます。

この時に
お尻が後ろに出てしまわないように真下におろします!

それから、こちらの動き。(わかりやすいように、撮影時は身体の向きを変えていますが、実際は何かにつかまった状態で行ってみた方が正しい意識がしやすいですよ(^^))

この時の意識がとても大切でして(^^)
膝を伸ばします!
と思うと下の写真の矢印の方向に膝を押し込むような動作になります。

そうではなく下の写真のイメージ。

つまり
しっかりと踵で床を踏みつつ…
何度も出てきている下の写真のピンクの〇の部分体を持ち上げた結果…膝が伸びたね

というイメージで行っていきたいのです。

上手く出来ると…
多分多くの方は、膝が曲がっている感じがするかもしれません(^^;

…が!
この少し余裕のある状態が、本来の『真っすぐ』
つまり、普段は伸ばし過ぎているということなのです(><)

そして、この状態のまま『その7』の動作を行ってみて…

5回くらい行ってみてから、歩いてみると…

何だか膝がソフトな感じ
または
軽い感じ
があれば成功です♪

関節は常に、ある程度『遊び(スペース)』がある状態がベスト。
なので、ぜひお膝も突っ張らずに余裕をもたせてあげたいですね(^o^)

☆ 過去の『股関節シリーズ』はこちらからどうぞ(^^)/
股関節って奥深いんです!〜その1〜
股関節って奥深いんです!〜その2〜
股関節って奥深いんです!〜その3〜
股関節って奥深いんです!〜その4〜
股関節って奥深いんです!〜その5〜
股関節って奥深いんです!〜その6〜
股関節って奥深いんです!〜その7〜

ピラティススタジオ Studio B-liebe(ビリーブ)
千葉市花見川区幕張本郷1-11-24 フォルテビル4D
Mail:dear@studio-b-liebe.com
HP:https://www.studio-b-liebe.com

Page 1 of 7

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén